中国の生活、ビジネスに役立つ情報を発信するサイト

上海市内で見かける、中国人の不思議な行動!

日本と中国には社会常識のギャップがある。上海市内で中国人の行動を観察していると、日本ではなかなか見られない面白い行動を発見。経済発展にともない、社会常識の向上が進む中国では、いつまで日本人が驚く行動を見られるのだろうか。

1.公共バスのなかの中国人

なぜ片手に扇風機を?

上海市内の路線バスに乗車していると、降り口附近にひとりの女性がたっている。その女性の片手には、なぜか扇風機が?それほど新しい扇風機でもなく、だれかにもらったのだろうか?女性の雰囲気から推測すると、落ちていた扇風機を拾ってきたわけでもなさそうだ。

(写真1)扇風機を片手にもつ中国人の女性(上海市内)

(写真1)扇風機を片手にもつ中国人の女性(上海市内)

2.バイクのナンバープレートがおかしい

よーく見てみるとバイクのナンバープレートが・・・

上海市内の街中で路線バスを待っていると、一台のバイクのナンバープレートが目に止まった。

(写真2)中国では珍しいスクータータイプではないオートバイ

(写真2)中国では珍しいスクータータイプではないオートバイ

ナンバープレートがおかしい。交通違反などの対策のためだろうか、ナンバープレートを2枚重ねている。上側にあるナンバープレートは上下逆さまになるように据え付けられている。

(写真3)上下逆さまに据え付けられているナンバープレート

(写真3)上下逆さまに据え付けられているナンバープレート

3.中国人は飲食店で寝る!

仮眠場所になっているケンタッキーフライドチキン(KFC)

中国のケンタッキーフライドチキンやマクドナルドに行くと、仮眠をとっている人が少なくない。しかも、注意してよく見てみると何もオーダーしていないケースも多い。中国のファーストフード店では持ち込みしている人が少なく、その店の店員もモメごとを避けるためか注意することはないようだ。

(写真4)かなり眠たかったのだろうか?

(写真4)かなり眠たかったのだろうか?

ケンタッキーの店内で目線を動かしてみると、もう一人グッスリ眠っている人を発見。こちらのオバちゃんも注文は何もしていない。このケンタッキーの近隣の住民にとっては憩いの場所になっているようだ。

(写真5)上海市内のケンタッキーには50代、60代のオバちゃんが多い

(写真5)上海市内のケンタッキーには50代、60代のオバちゃんが多い

スターバックスにも快眠している人が!

スターバックスでコーヒーを飲んでいると、向こう側に豪快に寝ている人を発見。このスターバックスはクーラーが効いていて夏場はとても快適な空間になっている。百貨店のなかにあるため、百貨店の店員が休憩にも使っている場所。とくに何も注文しなくても店員から指摘されることはない。

(写真6)豪快に寝ている人、中国でソファー席があると横になってしまう

(写真6)豪快に寝ている人、中国でソファー席があると横になってしまう

中国の個人運営の飲食店であれば、店内で注文せずに寝ている人はかならず注意されるだろう。しかし、ファーストフード店やスターバックスなどの大型チェーン店の場合、働いているアルバイトはトラブルに巻き込まれることを避けるため積極的に寝ていたり、注文しない人には注意しない傾向がある。(了)

top of page