中国の生活、ビジネスに役立つ情報を発信するサイト

中国移動、ショートメール(短信)の利用料通知が便利で無料!

日本人の多くが個人契約している携帯電話またはスマートフォンは、「前払い方式」だろう。日本で一般的な「後払い方式」と異なり、常に残高が気になってしまう。まずはショートメールで毎月の残高通知を受け取ってみてはどうだろうか?

1.不安になる「前払い方式」の携帯利用料の支払い

日本人が中国の携帯を利用している場合、ほとんどの人は「前払い方式」(以下、補足)で携帯料金を支払っているだろう。携帯電話のチャージカード(プリペイドカード)を購入したり、中国移動(チャイナ・モバイル)などの通信キャリアの営業所でチャージしたり、あるいはインターネットでチャージしているだろう。

(補足)中国移動のコールセンター(10086)に個人の携帯ユーザーが「後払い方式」にすることを確認したところ、中国国内のクレジットカードで支払いを保証するか、または500元のデポジット(保証金)を預ける必要がある。「後払い方式」への手続きは、中国移動の各営業所で行うことができる。

「前払い方式」の場合、十分な前払い残高が残っているか不安になることはないだろうか。現時点で自分の前払い残高はいくら残っているのか気になってしまう。その不安を少しでも和らげるためには、ショートメール(短信、SMS)で毎月、携帯利用料と前払い残高を通知してもらえばいい。

2.無料のショートメール(短信)で毎月把握するのが便利だ!

中国移動の場合、手続きしないと当月の携帯利用料(実績)をショートメール(短信)で通知してくれない。この通知の手続をすると、中国移動に電話したり、公式ホームページにログインをして前払い残高を確認する必要がなくなる。

中国移動(上海)の無料サービス

このサービスは中国移動(上海)の場合、「話費信使(通話料メッセンジャー)」と呼ばれる追加サービスで、中国移動(上海)のすべてのユーザーが利用できる。しかも、利用料は無料。利用するには、公式ホームページ、中国移動の営業拠点、ショートメール(短信)、コールセンター(10086)などから申請できる。

20140701zhonguoyidong
(写真1)中国移動(上海)の「話費信使」(通話料メッセンジャー)の画面

中国移動(広東)の無料サービス

中国移動(広東)では、「短信账単(ショートメール明細)」という名称で同様のサービスを行っている。ただ、サービス対象は「全球通(GoTone)」という利用プランだけを対象としている。利用料は無料。残念ながら、動感地帯(M-ZONE)や神州行(Easyown)という利用プランではサービスを受けることができない。

20140702yidong_gz
(写真2)中国移動(広東)の「短信账単」、公式ホームページより

「10086」宛にショートメールを送っても確認できる!

中国移動の場合、「10086」の番号にショートメール(短信)を送付しても利用料を確認することができる。「10086」の番号にメールの文面を10086と記入して送信する。その「10086」からの自動返信に対して、メニューを選んでいっても利用料を確認することができる(2014年7月3日時点)。

Screenshot_2014-07-03-16-33-06
(写真3)中国移動(10086)宛に「10086」を発信する

(了)

top of page