中国の生活、ビジネスに役立つ情報を発信するサイト

中国のスターバックス会員カードで取得する「買一送一」とは

中国では「買一送一」とよばれる販促方法がみられる。スターバックスでも会員カードの特典として「買一送一」が用意されている。スターバックスで「買一送一」を利用するなら、その仕組みを理解しておいて損はない。

1.中国のスターバックスの会員カード

中国のスターバックス会員カードはポイント式

日本のスターバックス(スタバ)で利用されているのはチャージ式の会員カード。中国のスターバックスはチャージ式ではなく、ポイントをためていく方式になっている。この会員カードは「星享卡(シンシャンカー)」という名称だ。

中国のスターバックス
中国のスターバックスは、1999年1月、北京の国際貿易センターに1号店をオープン。中国本土の60以上の都市で1,000店舗以上を展開している。日本のスターバックスは1,034店舗(2014年3月末時点)。
(写真1)中国でも大人気のスターバックス(上海市内)

(写真1)中国でも大人気のスターバックス(上海市内)

このポイントカードであるスターバックスの会員カードは無料で入手するのではなく、スターバックスの店頭で購入しなければならない。価格は88元(約1,450円)。このポイントカードは有料であるものの、購入したときからいくつか特典がついている。

その特典のなかに中国の販売促進方法でよく見られる「買一送一」とよばれる特典チケットが3枚ついている。この3枚をうまく利用するだけで、88元の会員カード分のもとを取れる。この「買一送一」とはどういったものだろうか?

2.「買一送一」という特典とは?

中国人は「買一送一」が好き?

中国でよく見かける「買一送一」は、ひとつ購入するとひとつ無料で贈呈するという販促方法。とにかく中国ではよく見られる。大型スーパーにいくと、かならず「買一送一」をうち出した商品が売られている。とくに歯磨き粉やシャンプーなどの日用品におおい。

(写真2)路上でSALEとして「買一送一」を宣伝している様子

(写真2)路上でSALEとして「買一送一」を宣伝している様子

(写真3)ケンタッキーフライドチキン(KFC)も「買一送一」で集客

(写真3)ケンタッキーフライドチキン(KFC)も「買一送一」で集客

スターバックスの「買一送一」の仕組みは?

中国のスターバックスでポイントカードを購入すると、最初から「買一送一」の特典チケットが3枚ついている。このチケットは電子チケットなので実際に手にすることはない。この「買一送一」を使うとき、いくらの飲料を購入すると、どの価格帯の飲料を無料でもらえるのだろうか?

スターバックスの店員にヒアリングしたところ、「買一」として購入する飲料の金額により、「送一」の贈呈される無料飲料が決まるという。購入するサイズが基準になるのではない。

たとえば、キャラメルマキアート31元(約512円、トールサイズ)とカフェラテ27元(約446円、トールサイズ)を購入する場合、金額基準により価格の高い31元を自己負担しなければならない。

この場合はカフェラテ27元(トールサイズ)ではなく、プラス3元した販売価格30元のグランデサイズを購入しても負担する金額は31元でかわらない。

3.中国のスターバックスで注目するべきポイント

ショートサイズのカップは基本的に2重

上海のスターバックスは店舗がことなっても、2重になったショートサイズのカップが手渡される。中国のスターバックスでは、なぜカップを2重にするのだろうか?その理由を店員に聞いてみることに。

(写真4)上海のスタバでショートサイズを注文するとカップは2重

(写真4)上海のスタバでショートサイズを注文するとカップは2重

(写真5)やはり2重になったショートサイズのカップ(上海市内)

(写真5)やはり2重になったショートサイズのカップ(上海市内)

(写真6)ここでも2重になったショートサイズのカップ(上海市内)

(写真6)ここでも2重になったショートサイズのカップ(上海市内)

スタッフになぜ2重にするか聞いてみると「1つだけだと熱いでしょ?」との回答。このショートサイズの2重はある店舗が独自で行っているのではなく、すくなくとも上海市内の店舗では2重にすることがルールになっているようだ。

これまで週4のペースで各店舗に通ってわかったのは、中国ではショートサイズ用の茶色い紙を置いていないようだ。この茶色い紙はスリーブとよばれている。なぜ中国ではショートサイズ用のスリーブを置いていないのか?

その理由は簡単で、中国のスターバックスではショートサイズは店頭メニューにのっていない裏メニュー扱いになっているからだ。つまり、ショートサイズを注文するひとはほとんどいない。ここ数ヶ月のあいだ中国のスターバックスに30回以上も通っているが、これまで自分以外でショートサイズを飲んでいるひとを見たことがない。

(写真7)トールサイズなら茶色い紙のスリーブがついている(上海市内)

(写真7)トールサイズなら茶色い紙のスリーブがついている(上海市内)

ショートサイズは中国スタバの裏メニュー

中国のスターバックスの店頭メニューにはショートサイズは記載されていない。日本人のなかには中国のスターバックスは日本よりも価格が高いというひともいるが、異なるサイズでくらべていないだろうか?

(写真8)中国の店頭メニューにはショートサイズが記載されていない(上海市内)

(写真8)中国の店頭メニューにはショートサイズが記載されていない(上海市内)

(了)

top of page