中国の生活、ビジネスに役立つ情報を発信するサイト

日本と異なる、中国のスターバックス会員カード「星享卡」

上海市内にも多くのスターバックスコーヒー(スタバ)があり、日本より通信速度は遅いもののWiFi(公衆無線LAN)も利用でき、けっこう快適。ふと、レジの横の会員カードらしきものを発見して購入してみると・・?

1.中国のスターバックス会員カード「星享卡」を入手

店頭で販売されている

これからノートパソコンを持って、スターバックス(Starbucks)で作業することも出てくるかもしれない。やはり会員カードを入手すれば、いろいろお得な特典がつくだろうと、深く考えずにレジの横にあった88元(約1,450円)の会員カード「星享卡(シンシャンカー)」を購入した。

 (写真1)会員カード「星享卡(右上)」と使用説明書(左上)

(写真1)会員カード「星享卡(右上)」と使用説明書(左上)

中国のスターバックス
中国のスターバックスは1999年1月、北京の国際貿易センターに1号店をオープン。中国本土の60以上の都市で1,000店舗以上を展開している。なお、日本のスターバックスは1,034店舗(2014年3月末時点)。

2.日本のスターバックスカードと仕組みが異なる!?

日本と異なるので注意!

この88元で購入した会員カードは、電子マネーのように88元分をスターバックスで利用できると思っていたら、なんと電子マネーの機能はなかった。スターバックスの会員になるために88元が必要になる。

日本のスターバックスカードのように、てっきり5,000円のカードを購入すると、スターバックスで5,000円分の利用ができると完全に勘違いしていた。

日本のスターバックスカードは?
日本のスターバックスカードは、電子マネーのようにチャージして利用可能。ときどき行われている5,000円チャージ毎に1杯分の無料ドリンクチケットを受け取れるキャンペーンに参加することができる。
(写真2)日本と変わらない外観、中国のスターバックス(上海市楊浦区)

(写真2)日本と変わらない外観、中国のスターバックス(上海市楊浦区)

3.中国の会員カードである「星享卡」の特典

中国のスタバカードはポイントカード

中国のスターバックスカードである「星享卡」は、有料のポイントカードと言ったほうが正しいかもしれない。銀星ランクからスタートして、50元(約800円)を利用するごとに星が1個もらえる。星が5つ集まると、玉星ランクになる(つまり、約4,000円の利用をするとランクが上がる)。

ランク 特典
銀星ランク
(購入登録時)
・1ドリンク購入すれば、1ドリンク無料(3回)
・早朝の無料コーヒー(1回)
・サイズの無料グレードアップ(1回)
玉星ランク
(星5)
・1ドリンク無料(誕生日)
・3杯毎に無料コーヒー 1度に3杯購入すると1杯無料コーヒー券贈呈
金星ランク
(星25)
・ゴールドカード送付
・1ドリンク無料(誕生日)
・3杯毎に無料コーヒー 1度に3杯購入すると1杯無料コーヒー券贈呈
・カード取得日(年1回)に無料ドリンクチケット
・10杯毎に無料コーヒー

金星ランクになるには、スターバックスで1,250元(約2万円)利用して、25個の星を集める必要がある。ただ、詳しい特典内容をみると、「星享卡」はけっこうお得かもしれない。

購入登録時の銀星ランクで、1ドリンク購入すると1ドリンク無料という中国語でいう「買1送1」が3回分も付いている。購入登録時の特典だけで、「星享卡」の販売価格である88元相当のメリットがありそうだ。

なお、「星享卡」の購入してから使用するには、インターネット上で会員カード番号などを入力して有効化する必要がある。

4.「星礼卡」というカードもある

チャージ式の買い物カードも販売されている

会員カード「星享卡」のほかに、「星礼卡(シンリィカー)」というカードもある。このカードこそが、まさにカードのなかにお金をチャージするタイプである。販売は200元(約3,300円)、500元、1,000元の3つの額面で販売されていて、最高5万元(約82万円)までチャージできるようだ。

ただ、買い物カード(電子マネー)としてスターバックスで利用できるものの、会員カード「星享卡」のような特典はつかない。スターバックス(中国)のホームページをみると、1万元(約16万円)以上の金額チャージをする場合は、身分証明書の登録が必要になる。

普通の人がスターバックスを利用するために、1万元も金額チャージすることはない。仕事で物事を有利にするために、相手先に商品券として「星礼卡」を贈ることを防ぐため、1万元以上のチャージには身分証明書の登録を義務付けているのだろう。(了)

top of page