中国の生活、ビジネスに役立つ情報を発信するサイト

中国のスターバックス、ショートサイズはここにある!

中国のスターバックスの店頭メニューには、ショートサイズが書かれていない。これは中国的な売上単価を上げるためのマーケティングなのか?中国のスターバックスで、隠れされたショートサイズを注文できるよう理解を深めておこう。

1.ここに置かれているショートサイズのカップ

ショートサイズを頼むと珍しがられる

中国のスターバックス(Starbucks、以下補足)では、店頭メニューに236mlのショートサイズ(中国語では「小杯」)がないことが多い。中国のスターバックスは、公式メニューにおいてショートサイズを用意していることは「中国のスターバックス、ショートサイズはないのか?」で詳しく紹介した。

(補足)中国のスターバックスは1999年1月、北京の国際貿易センターに1号店をオープン。中国本土の60以上の都市で1,000店舗以上を展開している。なお、日本のスターバックスは1,034店舗(2014年3月末時点)。

先日、上海市内のスターバックスを訪れて、「小杯サイズの本日のコーヒーをください」と言うと、ショートサイズ(小杯)ではなく、トールサイズ(中国語で「中杯」)の料金を請求された。店員に「これは小杯サイズではなく、中杯サイズじゃないですか?」と聞くと、ようやくショートサイズである小杯に訂正してくれた。

中国のスターバックスは、ショートサイズの販売に消極的なのだろうか?トールサイズ(tall)やグランデサイズ(grande)は、レジを担当している店員の目の前に置かれている。一方で、ショートサイズ(short)は、店員の後ろ側に置かれている(写真1のとおり)。

(写真1)この店ではショートサイズのカップは店員の後ろ側に置かれている

(写真1)この店ではショートサイズのカップは店員の後ろ側に置かれている

ショートサイズを頼むとカップが2重?

中国のスターバックスでショートサイズを頼むと、カップが2重であることが多い。上海市内の複数の店舗で、本日のコーヒーを頼むと2重のカップを渡された。中国人はあまり気にならないのだろうか。

(写真2)ショートサイズのカップが2重、中国ではよく見られる

(写真2)ショートサイズのカップが2重、中国ではよく見られる

別の日に家の近くのスターバックスでショートサイズの小杯14元(約231円)を注文すると、店員は「小杯のカップの在庫が切れているので無料で中杯にグレードアップします」と中杯17元(約280円)のカップにコーヒーをたっぷり入れてくれた。

(補足)中国のスターバックスでは、小杯→中杯(+3元)→大杯(+3元)→超大杯(+3元)とワンサイズ毎に3元(約50円)高くなる。日本ではワンサイズ毎に40円高くなる。

2.フォークの代わりにスプーンとお箸(はし)

日本にはない中国式サービス!

スターバックスで煙薫鶏肉沙拉(ローストチキンサラダ)22元(約360円)を頼んだところ、店員より「フォークがないのでスプーンでいいですか?」。スターバックスの店内で食べようと考えているので、「スプーンは不便。フォークの在庫は本当にないのですか?」と聞くと、事務所の中からお箸を取ってきて渡してくれた。

中国のスターバックスではお箸を提供していないので、お箸の提供は店員のサービス精神だ。このような対応は、良い意味で型にはまらない柔軟な対応ではないだろうか。ただ、フォークの在庫を切れないように管理することが重要であるが・・。

(写真3)煙薫鶏肉沙拉(ローストチキンサラダ)22元、スプーンでは食べにくい

(写真3)煙薫鶏肉沙拉(ローストチキンサラダ)22元、スプーンでは食べにくい

(了)

top of page